久しぶりにセイカ食品の『ボンタンアメ』を食べました。

たまに無性に食べたくなるんですよね。

たまたま、スーパーのお菓子売り場で見かけたので、おもわず買ってしまいました。

パッケージです。

昔から変わりませんね。

開けてみました。

オブラートに包まれているのが印象的です。

私の中では、オブラートが付いたお菓子といったら、ボンタンアメはアンパンマングミかって感じですね。

ボンタンアメはいつから売られているの?

このボンタンアメ。

私が物心つく頃には、もうあったように思います。

一体いつからあったのかと疑問に思い、少し調べてみました。

そしたらビックリ、販売が開始されたのが1926年だそうです。

まさか、自分が生まれるずっとずっと前から売られていたとは思いませんでした。

なんとボンタンアメがお酒に!?

ボンタンアメはお菓子だけでなく、お酒もあるのを知っていましたか?

その名も『ボンタンアメのお酒』。

鹿児島の銘菓「ボンタンアメ」がお酒になりました。
今も昔も変わらないクラシカルなデザインのパッケージと、ボンタン甘酢っぱさがほのかに香る味わいそのままに「ボンタンアメ」の風味をイメージして造ったお酒です。
南国の灼熱の太陽を浴びてすくすく育ったボンタン。大きな果実の豊かな風味とさわやかな香りの飲み心地がお口の中に広がります。
冷やしてストレートで、またはロックや炭酸割りでお楽しみください。

気になったので、口コミをまとめてみました。

スポンサーリンク

ボンタンアメのお酒の口コミ

ボンタンアメのお酒ということで、甘さが強いと予想していましたが、どちらかというとボンタンの果実の風味を感じるお酒といった印象です。
グレープフルーツのカクテルに似ていますが、苦さはあまり強くありません。
ボンタン特有の風味があり、とてもおいしいです。

 

好きなお酒はウイスキーと日本酒で甘い系は苦手ですが、これは甘すぎず飲みやすかったです。
外箱もかわいいので、女性の多い場に持っていくと話題になりそうです!

 

友人との集まりに持っていきました。
とてもインパクトがあって盛り上がりました。
ジュースのように飲みやすく、大変おいしいお酒でした。

 

普段、あまりお酒は飲まないのですが、ボンタンアメが好きなので探してました(ずっと売り切れだったので)。
すっきりした甘さですごくおいしいです!
とくに炭酸割りがお気に入りです。