コロニア

概要

出演: エマ・ワトソン, ダニエル・ブリュール, ミカエル・ニクヴィスト, リチェンダ・ケアリー, ヴィッキー・クリープス
監督: フロリアン・ガレンベルガー
時間: 110 分

あらすじ

フライトでチリを訪れたドイツのキャビンアテンダント・レナは、現地の政情を確認するために滞在していた恋人・ダニエルと束の間の逢瀬を楽しんでいた。しかし、突如チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエルは反体制勢力として捕らわれてしまう。レナは、謎の施設<コロニア・ディグニダ>に彼が監禁されたことを突き止めるが、なんとそこは“教皇”と呼ばれるナチスの残党、パウル・シェーファーが軍部と結びつき、神の名の下に暴力で住人を支配する“脱出不可能な”要塞だった。誰からの協力も得られないと悟ったレナは、ダニエルを助け出すため、ひとり無謀な潜入を決心する。果たして、彼女は生きて愛する人を奪還することができるのか―。

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

内容を簡単に説明すると、反体制勢力として捕まってしまった彼氏を助けるために、彼氏が捕まっていると思われる施設へ行き、その施設からの脱出を図るというお話。

政治やカルトなどの複雑な問題が絡んできますが、話の筋としては割と王道な感じで、程よく緊張感が保たれ、最後まで退屈することなく鑑賞することができました。

彼氏はバカなのか優秀なのか、どっちなのか迷うところですね。

前情報は一切ない状態で観たのですが、ラストの演出や雰囲気から「あ、実話なの?」と気が付きました。

少し調べてみましたが、本作品の監督であるフロリアン・ガレンベルガーさんが幼少の頃に、施設「コロニア・ディグニダ」の出来事を習い怒りを覚えたことが題材のきっかけらしいです。

「コロニア・ディグニダの犠牲者に捧げる」

というラストの一文が印象的でした。

ただ、実話を基に描かれているようですが、個人的にはあくまでもフィクション作品なのかなという印象です。

作中のラストに触れられていますが、それによると実際に起こったことはもっとヤバそうな感じです。。

鑑賞し終えた後に、事前に「コロニア・ディグニダ」での出来事の情報を頭に入れておいたら、また違った視点で作品と向き合えたんじゃないかなと思いました。

created by Rinker
¥500 (2019/02/16 13:37:15時点 Amazon調べ-詳細)