ちょっと気になる商品を見つけました。

サンコーの『糖質カット炊飯器』という商品です。

なんと、この炊飯器を使ってご飯を炊くと、糖質が33%カットされるというではありませんか。

これは糖質制限をしている人からすると、なかなか興味深いのではないでしょうか!

聞くところによると、先行予約の時点で注文が殺到して、受注台数が1万台を超えた人気商品みたいです。

とはいえ、うちで使っている炊飯器がまだまだ現役なので、今すぐ購入することはできません。。

ですが、ちょっと興味があるので口コミなどを調べてみました。

今回はサンコーの『糖質カット炊飯器』の口コミを紹介します!

スポンサーリンク

糖質カット炊飯器の特徴

では、初めに『糖質カット炊飯器』の特徴を簡単に説明します。

まずは、炊飯器の構造について。

見ての通り、普通の炊飯器と比べると少し複雑な構造になっているみたいですね。

そして、結構デカい!

炊き方については、特別なことをする必要はないみたいです。

  • 研いだ米を内釜に入れる
  • 外釜に水をいれる
  • 内釜を外釜に入れて炊飯器にセットする
  • モードを選んで炊飯スタート

の手順で炊き上がります。

炊飯以外にも、魚、肉、野菜などの蒸し料理にも対応しています。

次に、糖質カットの仕組みについてです。

以下、公式ページより引用です。

お米を煮たときに糖質成分が溶け出します。その溶け出した糖質が含まれた煮汁を一度排出することで、糖質をカットしています。
炊飯に使う水を、煮る用と蒸す用の2回に分けており、糖質が溶け出した煮る用の水を自動で排出、再び蒸す用の水を自動注水して、お米を炊きあげます。2つの釜、注水排出機構、水を溜めるタンクなど、これらの独自の炊飯機構により低糖質のご飯を実現しています。

つまり、はじめにセットした糖質が溶け出した煮汁を捨てて、新たな水を投入することで糖質をカットしているというわけですね。

なんか、脂分の多い肉を調理するときに行う「脂抜き」に近い気がしますね。

事前に肉をゆでこぼして、余分な脂などを抜くあれね。

公式の動画もあったので、参考にどうぞ。

さらに詳しく知りたい方は、↓の公式ページをご覧ください。

>>サンコー『糖質カット炊飯器』の公式ヘージはこちら

スポンサーリンク

糖質カット炊飯器の口コミ

それでは、サンコー『糖質カット炊飯器』の口コミを紹介します。

この商品に対する、「良い口コミ」も「悪い口コミ」も両方まとめてみたので、参考にしてみてください。

良い口コミ

  • 炊きあがったご飯はとても美味しく、何の違和感もありません
  • 糖質カットしてる割には美味しい
  • さっぱりした炊き上がりで、健康的に糖質を控えたい方には良いと思う
  • 操作については、一度覚えてしまえば難しくない
  • 糖質を含んだ水が目視できる
  • 排出した水から甘い匂いがするので、糖質がカットされているのを実感できる
  • この炊飯器にしてから血糖値が明らかに下がった
  • 糖質カットしてあるので、お粥にすると糊(のり)のようにならない
  • デザインは凄く良い

悪い口コミ

  • 固めに炊いてもご飯が柔らかい
  • 甘みのあるご飯が好きな人にはおすすめしない
  • 保温時間が2時間しかない
  • 内釜がステンレス製で、ご飯がこびりついて手入れが大変
  • 炊飯に使用する水の量が多い
  • 普通の炊飯器より2周りくらい大きいので置き場所に困る
  • 内釜、外釜、排水タンク、など洗う物が多い
  • 時間が経ったり、ご飯が冷めると味が落ちて美味しくない
  • タッチパネルの反応がイマイチ
スポンサーリンク

まとめ

ということで、サンコー『糖質カット炊飯器』を口コミを中心に紹介させていただきました。

いろいろな口コミをみた感想としては、さすがに普通のご飯と同等の味は期待できないのかなと思いました。

糖質をカットするために、ある程度の犠牲はやむを得ないのかなと。

逆に「糖質がカットできるなら、ある程度は妥協できる」という人にはいいかもしれませんね。

個人的には「悪い口コミ」の、

  • 保温時間が2時間しかない
  • 固めに炊いてもご飯が柔らかい

というのは、ちょっと気になりましたね。

これらのことを考えると、この『糖質カット炊飯器』1台で炊飯のすべてまかなうのはちょっと勇気がいるかなぁ。

これと普通の炊飯器を2台所有して、用途に応じて使い分けるのがよさそうな気もしますねw

まぁ、ちょっと難しいでしょうか。。

お米の糖質制限については、炊飯器以外にも「こんにゃく米」なんてものもあるみたいですよ。

聞くところによると、お昼の人気番組「ヒルナンデス!」でも紹介されて、なかなか評判のいい商品のようです。

とりあえず、炊飯器ではなく手ごろな「こんにゃく米」を試してみるのもいいかもしれませんね。