残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋―

出演者など

出演: 竹内結子, 橋本愛, 坂口健太郎, 滝藤賢一, 佐々木蔵之介
監督: 中村義洋
時間: 107 分

あらすじ

誰が、なぜ、事件を引き起こしたのか。
聞いてしまった奇妙な「音」は、連鎖する不可思議な事件への招待状だった――。
小説家である「私」(竹内結子)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛)という読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」
好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、
自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。彼らはなぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、
別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。
「私」と久保さんは、作家の平岡芳明(佐々木蔵之介)、心霊マニアの青年・三澤徹夫(坂口健太郎)、そして「私」の夫・
直人(滝藤賢一)らの協力を得て、ついに数十年の時を経た、壮大なる戦慄の真相に辿り着く。だがそれは、
新たなる事件の序章に過ぎなかった―。
すべての事件をつなぐ【穢れ】の正体とは?
予定調和を許さない驚愕のラストまで、目が離せない。

スポンサーリンク

感想(ネタバレあり)

好き嫌いが分かれそうな作品。

作品のトーンは、基本的に静かで暗い感じ。

そこにドキュメンタリーっぽい演出も加わり、独特な雰囲気に思えました。

お化け屋敷のような「わっ!!」といきなり驚かすような演出ではないので、そういった内容を期待すると、ちょっと退屈に感じるかもしれません。

こういうのって、ホラーというよりも怪談っていうのでしょうかね。

私としては、それなりにホラー映画に耐性があるので、そんなに怖くは感じませんでした。

早い段階で話に入っていけるか、いけないかで作品を楽しめるかどうかが決まりそうです。

話の内容は面白いと思うけど、もう少しわかりやすくしたほうが楽しめたんじゃないかと思います。

日本のホラー特有の、ジメジメした雰囲気が好きな方におすすめです。

created by Rinker
¥400 (2019/04/21 21:04:14時点 Amazon調べ-詳細)