何年もスシローを利用していますが、初めて2カンのうちの1カンを食べることができずに残してしまいました。

理由は簡単。

そのネタが余りにも激マズだったからです!

その激マズのネタとは、

活あわびの肝軍艦

です。

「こんなネタがあったの?」

と思った方もいると思います。

私もスシローを何度も利用していますが、初めて出会いました。

これが、あまりにも衝撃的だったので記事にさせていただきます!

この記事では、スシローのメニュー『活あわびの肝軍艦』を紹介します!

スポンサーリンク

衝撃的な見た目!!

それでは、スシローの『活あわびの肝軍艦』の画像です!

じゃん!

スシロー『活あわびの肝軍艦』

どうですかこの見た目。

一目見た瞬間、「え、こんなんなの?」とゾッとしました。

商品メニューの一覧に写真は載っているのですが、写真が小さいのでこんなものだとは思いませんでした。

普通に流れてきたものなら絶対スルーしていましたが、注文したものなので取らないわけにもいかず。。

「白子」や「あん肝」を注文するくらいの気持ちでいましたが、蓋を開けてみたらこれですよ。。

スシロー『活あわびの肝軍艦』の見た目

見てください、この断面図を!

これはさすがに食欲がそそられないでしょ!

ちなみに、1カン食べたあとに撮影したので、画像には1カンしかありませんが、元々は1皿に2カン乗っています。

スポンサーリンク

スシロー『活あわびの肝軍艦』の味

スシローのネタ『活あわびの肝軍艦』の味についてです。

まず、先に申し上げますと、

このネタを噛んだ瞬間から、口の中で拒絶反応を起こしてしまい、どうしても味わって食べることができませんでした。

なので、事細かに味の詳細を語ることはできません!

ごめんなさい!

そんな状態での感想ですが、味はただただ苦かったです。

「噛んでみたら口の中にうま味が広がった」

とか

「見かけによらず、食べてみると意外と甘かった」

とか一切なく、苦い!

まぁ苦いですけど、「悶絶するほど苦い」というわけではなく、「普通に苦い」という感じです。

ただ、これに生臭さが追加されているので、キツいんです!

これは、「白子」や「あん肝」とは別のジャンルですわ。

感じとしては、サザエの肝だけを食べているようなものでしょうね。

サザエの肝

そういえば、私サザエの肝がすごく苦手でしたわw

唯一の救いは、臭みや苦味が後を引かないことでしょうか。

癖のあるものって、食べてからしばらく臭みが口の中や胃に残ったりするじゃないですか。

それは、ほとんどなかったですね。

そう考えると、鮮度はいいのかなと思います。

それでも、激マズだったことに変わりはありませんが!

スポンサーリンク

まとめ

ということで、スシローの『活あわびの肝軍艦』を紹介させていただきました。

私は何年も何度もスシローを利用していますが、今回初めて出会ったネタなので、おそらく希少ものなのだと思います。

まぁ、例え希少なネタだとしても、私は2度と注文しませんけどね!

「残してはいけない」

「無理してでも食べよう」

と考えても、どうしても残りの1カンを食べることができませんでした。

そんなネタです。

でも、ここまでくると、

「1度は食べてみてほしい」

とも思ってしまうんですよね。

ということで、このネタを見つけたら、1度は注文してみてはいかがでしょうか。

逆にオススメですよ!

こんなお寿司は、なかなか食べられませんよ!

最後に、このネタは2度と食べませんが、今後もスシローはバリバリ利用させていただきます!