【ダイソー】ワイヤレス片耳『Bluetoothイヤホン』をレビュー【300円】

男

ワイヤレスのイヤホンをなるべく安く買いたいけど、音質や品質が悪いのはイヤだなぁ

女

ダイソーのワイヤレスイヤホンってどうなんだろう?

この記事では、こんな悩みにお答えします。

記事の内容
  • ダイソー『Bluetoothイヤホン』の紹介
  • ダイソー『Bluetoothイヤホン』の使い方
  • ダイソー『Bluetoothイヤホン』のレビュー・感想

bluetooth接続のワイヤレスイヤホンは、実はダイソーでも売っています。

100円ショップの商品ということで、なるべく安く購入したい方には魅力的ですよね。

ただ、価格が安いとイヤホンの品質や音質、操作性が心配なところです。

この記事では、実際に購入したダイソー『Bluetoothイヤホン』の使い方や感想などを紹介します。

スポンサーリンク

ダイソー『Bluetoothイヤホン』の概要

かんたん接続でハンズフリー通話可能な音楽も聞けるワイヤレス片耳イヤホンです。
iPhone・Android対応。
充電できるUSBケーブル付きです。
Bluetooth4.1+EDR対応のデバイスに適用します。

価格 300円(税込330円)
原産国(地域) 中国
材質 ABS樹脂滑り止め:シリコーンゴム
商品サイズ 1cm×1cm×5cm
内容量 1個入
種類(色、柄、デザイン) 黒 、白

ダイソー『Bluetoothイヤホン』を購入してみた

ということで、実際にダイソーの『Bluetoothイヤホン』を購入してみました。

パッケージはこんな感じです。

パッケージのデザインは、あまり安っぽさを感じさせない印象です。

パッケージの上欄に価格が表記されています。

価格は100円(税抜き)ではなく、300円(税抜き)なので注意してください。

パッケージの箱から中身を取り出しました。

このように綺麗に収納されています。

商品・付属品は、➀イヤホン本体、➁イヤーピース、➂イヤーフック、➃USBケーブル、➄取扱説明書となります。

次は、『Bluetoothイヤホン』をiPhoneに接続する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ダイソー『Bluetoothイヤホン』の使い方(iPhoneに接続)

それでは、ダイソー『Bluetoothイヤホン』の使い方(iPhoneに接続)を紹介します。

まず、イヤホン本体のボタンについて説明します。

上の画像のイヤホン本体の左手前の丸いボタンが「マルチ機能ボタン」、左上の縦長のボタンが主に音量をコントロールする「プラスボタン」「マイナスボタン」になります。

このイヤホンを初めて使用する際は充電する必要があります。(約2時間)

充電する際は、画像のように付属のUSBケーブルをUSBポートに差し込みます。

ちなみに、コンセントに差し込むアダプタは付属していないので、自宅にあったものを使用しています。

usbアダプタ usb コンセント AC式充電器 USB電源 アイホン充電器 (PSE認証/2.1Aフルスピード充電/2USBポート) コンパクト iPhone充電器 スマホ充電器 android充電器 iPhone/iPad/Xperia/GALAXY/ゲーム機等対応
Viviber

充電開始時は赤色のライトが点灯します。

この赤色が青色に変わると充電完了となります。

ランプが青色になったので、USBケーブルから取り外します。

次は、対象の端末(今回はiPhone)に接続します。

端末に接続する際は、まずイヤホン本体の「マルチ機能ボタン」を長押しして「ON」の状態にします。

イヤホン本体が「ON」の状態になると、ランプが赤色、青色と交互に点滅して「power on」という音声が流れます。

次に、接続するiPhone側の設定を行います。

iPhoneの設定は以下の通りです。

  1. iPhoneの「設定」から「Bluetooth」を選択
  2. 「Bluetooth」が「ON」になっている状態で「その他のデバイス」の「BT earphone」を選択する
  3. 「自分のデバイス」に「BT earphone」が「接続済み」になっているのを確認する

以上で、接続の設定は完了です。

スポンサーリンク

ダイソー『Bluetoothイヤホン』の感想

筆者による、ダイソー『Bluetoothイヤホン』を使った感想です。

まず、音質についてですが、予想していたよりも悪くない印象です。

価格相応よりも少し上といえるかもしれません。

ただ、音量を上げていけばいくほど、音が割れ気味になるといった安っぽさが強調される感じはします。

そこまで音質にこだわらなければ、あまりストレスを感じることはないのではないかと思います。

個人的にはゴム(イヤーピース)のないタイプが好みですが、これは着け心地も悪くはなく、イヤーフックも付属しているのでポロっと外れてしまう心配もありません。

関連記事:ゴムの部分が付いてないタイプのイヤホンを紹介

bluetooth接続も比較的簡単にできるので、なかなか扱いやすいのではないでしょうか。

bluetooth接続に関しては、私が所有しているオーディオインターフェース(bluetooth接続可能な)には接続できなかったので、互換性がないものもあるようですね。

総合的には、なかなかコストパフォーマンスは高いと思いました。

価格を考えると、試しに買ってみても損はないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

みんなの感想