2018年10月15日(月)より、セブン銀行ATMでSuicaなどの「交通系電子マネー」や「楽天 Edy」のチャージ(入金)・残高確認ができるようになりました。

以前からコンビニでもSuicaのチャージは出来ましたが、レジで手続きをしなければいけませんでした。

なので、このサービスにより、わざわざレジで手続きをしなくて済むようになるわけです。

残高確認ができるのも地味にありがたい!

ということで、早速セブン銀行ATMでSuicaのチャージをしてみたので、その方法などを紹介します。

スポンサーリンク

セブン銀行ATMでチャージできる電子マネー

セブン銀行ATMでチャージできる電子マネーは、以下の通りです。

交通系電子マネー

  • Kitaca
  • Suica
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

プリペイド型電子マネー

  • 楽天 Edy

サービス内容・利用可能時間・手数料

セブン銀行ATMで、「電子マネー」「楽天 Edy」のチャージ・残高確認する際のサービス内容・利用可能時間・手数料は以下の通りです。

サービス内容
利用可能時間
利用手数料
チャージ(入金)
残高確認
終日
無料

※チャージ単位:1,000 円単位

※「交通系電子マネー」では20,000 円、「楽天 Edy」では50,000 円(1 回あたり 25,000 円)の残高上限額以上の金額をチャージすることはできません。

※セブン銀行ATMが設置されている施設の営業時間外は利用できません。

スポンサーリンク

利用方法

セブン銀行ATMでチャージするときの流れを、簡単に説明すると以下の通りになります。

 画面のボタンを押す
 画面右側にある読み取り部にカードをセット
 希望の金額を設定してチャージ

 希望チャージ金額を設定
※チャージ金額の設定は「1,000円」「2,000円」「3,000円」「4,000円」「5,000円」「10,000円」の中から選択します
 おつり発生時は、おつり紙幣を受取り
 明細内容を確認できます

スポンサーリンク

実際にチャージ・残高確認してみました!

ということで、実際にセブン銀行ATMでSuicaのチャージをしてみました。

写真が見づらくてごめんなさい!

画面上中央の「電子マネーチャージはこちら」を選択すると取引が開始されます

電子マネーを置くように指示されるので、

画面の右側にある読み取り部にカード(今回はSuica)をセットします。

ここで、「チャージ」または「残高確認」を選択することができます。

今はチャージがしたいので、右側の「チャージ」を選択します。

チャージする金額を選択して、紙幣を機械に投入します。

今回は1,000円チャージしようと思うので、「1,000円」を選択します。

スポンサーリンク

取引中は、ずっとカードは読み取り部に置きっぱなしです。

チャージ完了!

必要であれば明細表を発行することができます。

明細表はこんな感じです。

最初は迷わずできるか心配でしたけど、やってみると結構簡単にチャージできました!