カレーを作っていて、ルー(ルウ)を入れるときに鍋の火を止めますよね。

あれって、なんで火を止めるのか知っていますか?

作り方にそう書いてあるから、何気なく火を止めているという方もいると思います。

そして、

「これってなんの意味あるんだろう?」

と、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

ちゃんと、ルーを入れる前に火を止めるのには理由があるんですよ!

ということで、今回は『カレーのルーを入れるときに火を止める理由』を紹介します。

スポンサーリンク

カレーのルー(ルウ)を入れるときに火を止める理由

『カレーのルー(ルウ)を入れるときに火を止める理由』について。

調べてみると、大手メーカー(ハウス、グリコ、S&B)が、それぞれその件についての説明がされていたので紹介します。

まずは、「バーモントカレー」や「こくまろカレー」でおなじみのハウス食品。

Q.カレーやシチューを作るとき、なぜいったん火を止めてからルウを入れるのですか。

A.いったん火を止めることで、お鍋の中の温度を下げ、ルウを溶けやすくするためです。
高温で煮えている鍋にルウを加えると、ルウに含まれる小麦粉が膜を作り、溶けにくくなります。 火を止めると鍋の中の温度はすぐに90℃くらいまで下がり、ダマになる心配もなくなります。

次は、「プレミアム熟カレー」や「カレーZEPPIN」でおなじみのグリコ。

お鍋にルゥを入れるときに火を止めていますか?それともつけたままですか?

これは、いったん火を止める(または弱火にする)のが正解です。
その理由は、とろみをつけるために、カレールウに一般的に配合されている でんぷんが「だま」になるのを防ぐためです。

【中略】

沸騰した状態でルウを割り入れると、温度が高いために、よく混ざらないうちにでんぷんが固まってしまうため、「だま」になってしまうのです。

スポンサーリンク

最後は、「とろけるカレー」や「ゴールデンカレー」でおなじみのS&B。

Q.なぜ一度火を止めてからルウを入れるの?

A.ルウを溶けやすくし、ダマになるのを防ぐためです。
沸騰したお湯の中にルウを入れると、ルウに含まれる小麦粉のデンプンの働きで、表面だけが熱によって糊状になり、「ダマ」になってしまいます。それを防ぐために火をいったん止め、煮汁をやや冷ましてからルウを入れるのです。

というように、カレーのルーを入れるときに火を止めるのは、

  • ルーを溶けやすくする
  • ダマになるのを防ぐ

という理由があるんですね。

ちなみに、一般的にでんぷんは80度以上で固まるとされています。

なので、ルーを入れるタイミングは鍋の温度が80度以下になったときが望ましいです。

小麦粉デンプンの場合、60度から糊化が始まり、80~85度で糊化しますので、80度以下まで冷ました後ルウを割り入れるといいことになります。 ただ、調理の途中、いちいち温度を測るわけにはいきませんので、火を止めてから鍋を、濡らしたフキンの上にしばらく置いておくのも一方法です。 また、ルウを割り入れたあと、フタをして5分ほど待ち、その後鍋全体をゆっくり混ぜるときれいに溶かすことができます。

ということで、『カレーのルーを入れるときに火を止める理由』を紹介させていただきました!

では!