よりリッチな味わいに!チキンタツタ史上初のリニューアル!

濃厚リッチになった“凄「チキンタツタ」”と、リッチな具材感と濃厚なたまご感が増した“凄「チキンタルタ」”が期間限定で登場!チキンマックナゲットとの相性抜群な期間限定ソースも♪

ということで、マクドナルドで期間限定で販売されている「チキンタツタ」と「チキンタルタ」を食べてみたので、その感想を書いていこうと思います。

チキンタツタ

1991年より多くのファンに愛されてきた「チキンタツタ」が、さっぱり生姜醤油の定番の味はそのままに、チキンタツタ史上初のリニューアルを遂げ、期間限定で登場します。
「チキンタツタ」は、オリジナルのバンズに生姜醤油の風味香るやわらかなチキンパティを、シャキシャキの千切りキャベツ、クリーミーでちょっぴり辛味のあるソースとともにサンドした日本ならではの人気商品です。
ほのかな甘みのあるチキンタツタオリジナルバンズは、生地を一つ一つ人の手でむすぶ工程により、ふんわりとした食感を楽しめます。
熱いファンに支持されてきたおいしさに加え、今年は、ソースの卵黄を1.5倍に増量し、ソースのコクや厚み、旨みが増して、よりリッチな味わいに生まれ変わりました。史上初のリニューアルで濃厚リッチになった“凄「チキンタツタ」”を心ゆくまでご堪能ください。

チキンタツタの写真

チキンタツタの感想

総合的にあっさりしている印象。

辛味のあるソースの影響か、食べた瞬間にからし(マスタード?)系の辛味が口に広がります。

これがいい感じのアクセントになっています。

チキンパティに関しては、ナゲットっぽくてパサパサしている感じがします。

なので、ジューシーさはあまりありません。

個人的には、レギュラーメニューの「チキンフィレオ」のチキンパティのほうが好みですね。

↓チキンフィレオ

キャベツは脇役といった感じで、印象は薄め。

個人的には、レタスのほうがいいかなぁ。。

バンズ(パン)は、ふっくらしていて食べ応えがあり、ほのかに甘くていい感じ。

チキンタツタの栄養成分

エネルギー  382kcal
たんぱく質  18.4g
脂質  16.2g
炭水化物  41.0g
食塩相当量  2.3g
ナトリウム  912mg
カリウム  307mg
カルシウム  38mg
リン  197mg
鉄  0.9mg
ビタミンA  9μg
ビタミンB1  0.15mg
ビタミンB2  0.15mg
ナイアシン  7.6mg
ビタミンC  10mg
コレステロール  40mg
食物繊維  2.0g

スポンサーリンク

チキンタルタ

昨年「チキンタツタ」の新作として登場した「チキンタルタ」。生姜醤油の風味香るやわらかチキンパティと、シャキシャキの千切りキャベツ、クリーミーでちょっぴり辛味のあるソース、ふんわりバンズが特長のチキンタツタに、さらにたっぷりたまごのタルタルソースをあわせた新しい味わいに大変ご好評いただきました。“凄「チキンタツタ」”と同じよりリッチな味わいにリニューアルしたソースを使用しているだけではなく、さらに、タルタルソースのたまごも1.5倍に増量し、よりリッチな具材感と濃厚なたまご感が増して、再登場します。
たまごの白身のプリプリとした食感と卵黄のコクをたっぷりと感じられる、「チキンタルタ」は、“凄「チキンタツタ」”に匹敵する、その名も“凄「チキンタルタ」”。今年も“凄「チキンタツタ」”とともに、両方食べたくなる一品に仕上がりました。

チキンタルタの写真

チキンタルタの感想

「チキンタツタ」と味の方向性は同じな印象。

なので、「チキンタツタ」と比べて味が大きく違うということはないです。

この「チキンタルタ」といったら、なんといってもタルタルソースでしょう。

“たっぷりたまごのタルタルソース”というだけあって、けっこうたまご感は強めです。

そのせいか、「チキンタツタ」よりも全体的に味がマイルドになっている気がします。

「チキンタツタ」のときに感じたソースの辛味がほとんど感じられません。

濃厚なタルタルソースですが、それほど重たくもありません。

たまご好きなら、こちらがおすすめですかね。

チキンタルタの栄養成分

エネルギー  474kcal
たんぱく質  20.0g
脂質  24.3g
炭水化物  43.9g
食塩相当量  2.9g
ナトリウム  1128mg
カリウム  328mg
カルシウム  47mg
リン  219mg
鉄  1.1mg
ビタミンA  24μg
ビタミンB1  0.15mg
ビタミンB2  0.18mg
ナイアシン  7.6mg
ビタミンC  10mg
コレステロール  81mg
食物繊維  2.3g