【吉野家】肉だく牛丼をテイクアウトで購入!アタマ大盛とは違う?【感想・レビュー】

もっと肉を食べたい人の要望に応えた禁断のトッピングが登場!

吉野家から新商品「肉だく牛丼」が発売されました!

個人的には、牛丼のアタマ大盛というサイズにあまりいい印象を持っていなかったので、

「これ、本当に具が多くなってるのぉ?」

という気持ちが正直強かったですが、試しに購入してみました。

サイズは無難に「並盛」にしました。

ちょうど吉野家でテイクアウト全品15%オフのキャンペーンをやっていたので、お持ち帰りで少しお得に買えましたね。

ということで今回は、吉野家の「肉だく牛丼」を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

吉野家 肉だく牛丼のテイクアウト

吉野家の「肉だく牛丼」の並盛をテイクアウトしてきました。

さっそく中身を取り出してみましょう!

袋の中身を全部取り出してみました。

じゃん!

画像を見てもらえればわかると思いますが、牛丼の容器の他に「肉だく」というラベルが貼られた容器がありました。

まずは牛丼の容器です。

ラベルには「牛丼」の「並」と書かれていますね。

では、中身はどんな感じなんでしょうか?

容器のフタを取ってみるとこんな感じです。

見た感じ、普通の「牛丼の並盛」という感じですね。

続いては、こちらの「肉だく」と書かれた容器を開けてみます。

なるほど!

こんな感じで、普通の牛丼に追加する具が入っているんですね。

「肉だく」の容器を傾けてみるとわかりますが、結構つゆだくな感じです。

では、これを牛丼の上にドシャーっと加えていきます!

どどん!

これはなかなかのボリューム感ですね。

どう見ても、牛丼の並盛には見えないでしょう。

当たり前ですけど、具がたっぷりです。

普通の「牛丼」の「アタマ大盛」よりも断然量が多い印象です。

これはコスパはいいかもしれないですね。

最後に紅生姜を乗せて完成です。

いただきます!

スポンサーリンク

吉野家 肉だく牛丼のサイズと価格

吉野家「肉だく牛丼」のサイズと価格は以下の通りです。

小盛       471円(+税)
並盛       491円(+税)
アタマの大盛   591円(+税)
大盛       651円(+税)
特盛       771円(+税)
超特盛      861円(+税)

サイズは、普通の牛丼と同様「小盛」から「超特盛」まであります。

価格は、普通の牛丼よりも139円(+税)高く設定されています。

肉だく牛丼に対するTwitterの反応

吉野家「肉だく牛丼」に対するツイートをまとめてみました。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、吉野家の「肉だく牛丼」を紹介させていただきました。

率直な感想としては、具の量はかなり期待できると思います。

牛丼のサイズに「アタマ大盛」がありますが、あれとはだいぶ違うと思います。

正直「これのどこがアタマ大盛なの?」ってときがありましたからね。

それに対して、「肉だく牛丼」は牛丼とは別に具入りの容器があるので、確実に具が増えることが実感できます。

普通の牛丼に139円(+税)追加で食べられるとなると、コスパも悪くないように思います。

ごはんの量はそのままに、具の量を増やしたい場合にはかなりオススメです!

超たっぷり食べたい人は「超特盛」の「肉だく牛丼」を食べてみるのもいいかも!