「糖質制限中にお酒って飲んじゃダメなの?」

なんかお酒と聞くと、俗に言うビール腹を想像してしまい、お酒を飲むと太るんじゃないかと思われる方もいると思います。

実は、アルコール類も種類によって糖質が「多いもの」もあれば「少ない」ものもあります

なので、糖質制限していても、アルコール全般がダメというわけではないんです!

飲んでもOKなお酒もあるんです!

てなわけで、糖質が「多いお酒」と「少ないお酒」を紹介します。

糖質が「多いお酒」と「少ないお酒」

糖質が「多いお酒」と「少ないお酒」に分けてみたので、見ていきましょう!

✕糖質が多いお酒

以下、糖質の多いアルコール類です。

これらのお酒は糖質制限をするにあたって、極力控えたいです。

・ビール

・日本酒

・紹興酒

・梅酒

・甘いカクテル

残念ながらビールは糖質が多いんですね。。

ちなみに、ビールよりも日本酒、日本酒よりも梅酒、梅酒より甘いカクテルのほうが糖質が多いです。

また、どうしてもビールを飲みたい方には、糖質ゼロの発泡酒があるので、そちらをおすすめします。

糖質ゼロの月桂冠なんかもありますよ。

スポンサーリンク

〇糖質が少ないお酒

以下、糖質の少ないアルコール類です。

これらのお酒は糖質制限でも飲むことができます。

・焼酎

・ウイスキー

・ブランデー

・ウォッカ

・ワイン

焼酎、ウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は基本的に糖質ゼロです。

ワインには糖質の多い甘いタイプもあるので、糖質を気にする場合は辛口をお選びください

ワインや蒸留酒はむしろ痩せる!?

ワインや蒸留酒について、糖尿病専門医の牧田善治・著『医者が教える食事術 最強の教科書』にて、以下のように触れられているので紹介します。

ワインは、とくに白がやせるという報告が2004年にドイツでなされています。
赤はポリフェノールといった抗酸化物質が多く含まれる一方、白は酒石酸が豊富だからではないかと思われます。

私の患者さんたちも、自分で計測した結果、ワインや蒸留酒では血糖値が上がらないこと、むしろ下がることを知って、安心してお酒を楽しんでいます。
とくにおすすめなのがワインです。抗酸化作用の強いポリフェノールが豊富な赤も、やせる効果のある白も料理に合わせて飲んでください。

なかなか興味深い話ですよね。

実績のあるお医者さんが言うと説得力があります。

まとめ

というわけで、糖質の「多いお酒」と「少ないお酒」を紹介させていただきました。

ビールと缶チューハイくらいしか飲めない私としては、う~ん・・・といった感じですが。。

まあ、糖質の多いお酒も「1杯だけ」など、飲み過ぎに注意して、たしなむくらいならいいんじゃないかと思います。

ただ、飲まないに越したことですよ!

あと、糖質が少ないお酒であるワインや蒸留酒(ウイスキー、ウォッカなど)は血糖値を上げないどころか、下がる効果があるという話は興味深いですよね。

お酒とうまく付き合えればいいですな~。