【スシロー】100円だけじゃない!3種類のお皿の色・価格・ネタを紹介

主婦

スシローのお寿司って全部100円じゃないの?

男

スシローに流れているお皿の種類と価格が知りたい

この記事では、このような疑問にお答えします。

記事の内容
  • スシローの各お皿の種類・価格

現在、スシローで提供されているお皿は3種類あり、各お皿には異なった価格が設定されています

100円寿司として有名なスシローですが、提供されている全てのお寿司が100円というわけではないんですね。

スシローに限らず、他の100円回転寿司チェーン店も、100円以外のお皿が提供されていたりします。

この記事では、スシローで提供されているお皿の種類や価格、主なネタを紹介します。

スポンサーリンク

スシローの3種類のお皿


スシローで提供されているお皿は、以下の通りです。

  • 100円(定番皿)
  • 150円(お値打ち皿)
  • 300円(感動皿)

 ※税抜き価格


以上の3種類で、お皿の色によって異なる価格が設定されています。

それでは、各お皿をより詳しく見ていきましょう!

※最新のスシローメニュー(種類や価格)を知りたい方はこちらからどうぞ。

100円(定番皿)

◆価格:100円+税

◆主なネタ

  • まぐろ
  • サーモン
  • いか
  • 他多数


オレンジ色(黄色)のお皿です。

多くのネタはこの色のお皿で提供されています。

スポンサーリンク

150円(お値打ち皿)

◆価格:150円+税

◆主なネタ

  • 生サーモン
  • たい
  • 炙り上穴子
  • など


赤色のお皿です。

100円のお皿よりも50円高く設定されていますね。

ネタも大きく食べ応えがあるので、値段相応の価値はあると思います。

300円(感動皿)

◆価格:300円+税

◆主なネタ

  • 特ネタ大トロ
  • 特大ジャンボほたて貝柱
  • 活〆煮穴子一本にぎり
  • など


黒色のお皿です。

大トロなどの、いかにも高級なネタがこのお皿で提供されています。

おいしいからといって、このお皿ばかり頼み過ぎると100円寿司に来た意味がなくなりそうな気はしますね。

その他

◆価格:480円+税

上記で紹介した3種類の他にも、スシローで提供されているお皿はあります。

こういったお皿は、主に高級品や限定品に使われます。

お皿のサイズ的にレーンには収まらないので、店員さんが直接運んで来てくれます。

スポンサーリンク

まとめ

この記事のまとめです。

  • スシローのお寿司は全て100円(税抜き)ではない
  • スシローには3種類のお皿があり、各お皿の価格が異なる
  • スシローの3種類のお皿の種類と価格
  • ・100円(定番皿)
    ・150円(お値打ち皿)
    ・300円(感動皿)


現在は、スシローに限らず、100円以外のお皿が提供されるのが当たり前のようになっています。

個人的には、「100円なのにこんなネタが!」というのを期待していたので、少し残念な気もしますね。

とはいっても、高いお皿は高いだけあって結構食べ応えあり、これはこれでありなのかなとも思ったりもします。

これ以上高いお皿は出てこないでほしいとは思いますけどね!

150円と300円のお皿は、少し凹んでいるような設計になっているので、醤油皿として使用すると便利だったりします。

関連記事:【スシロー】醤油皿が置いてない理由と対処法