小型冷蔵庫「アクア AQR-8G-S」を徹底レビュー【75L・右開き・ブラッシュシルバー】

主婦

小さな冷蔵庫を探してるんだけど、なにかいいのないかしら?

男

アクアの小型冷蔵庫(AQR-8G-S)を使った人の感想が聞きたいなぁ

この記事では、こんな悩みにお答えします。

記事の内容
  • アクア AQR-8G-Sの概要
  • アクア AQR-8G-Sを使用した感想

「自分の部屋に冷蔵庫を置きたい!」

「寝室に手ごろな冷蔵庫がほしい!」

そう思って小型冷蔵庫を探してみると、↓のような46Lサイズの製品をよく見かけます。

「このサイズだと、ちょっと小さいかなぁ」

「これよりもう少し大きいサイズがほしいなぁ」

そんな方には、今回紹介する「アクア AQR-8G-S」も候補に入れてもいいかもしれません。

この冷蔵庫であれば、「お手頃なサイズ」で「そこそこの容量(75L)」しかも「静音化設計」となかなか魅力的な小型冷蔵庫です。

この記事では、小型冷蔵庫「アクア AQR-8G-S」を詳しく紹介したいと思います。

created by Rinker
アクア(AQUA)
¥21,483 (2021/12/07 08:27:46時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

アクア AQR-8G-Sの概要

定格内容積 75L
冷蔵室 75L [56L(食品収納スペースの目安)]
自動製氷
外形寸法 幅426×奥行459×高さ827mm
必要設置スペース 幅466×奥行509×高さ927mm
製品質量 19kg
年間消費電力量(50/60Hz) 177/177kWh/年
年間電気代目安 4780円(税込)
冷媒封入量 R600a
created by Rinker
アクア(AQUA)
¥21,483 (2021/12/07 08:27:46時点 Amazon調べ-詳細)

アクア AQR-8G-S 箱の開封から起動まで

冷蔵庫本体は、このような箱(ダンボール)に入っています。

重量はそれほどではありませんが、箱が大きいので持ち運びになかなか苦労します。

PPバンド(ヒモ)を切って、箱の上から開けてみました。

このような感じで冷蔵庫が収まっています。

このような場合、上から本体を取り出すイメージがありますが、これは台(底)に箱を被せてある状態です。

なので、本体に被せてある箱を取り外すようにしていきます。

箱と保護用のビニールを取り外すと、本体が現れます。

本体はダンボール製の台に乗ったままなので、最終的にはこれも取り外します。

各部にテープが貼られているので、すべて取り外します。

本体裏の電源コードを固定しているテープも取り外します。

テープを取り外して扉を開けてみました。

収納スペースは、まずまずな印象ですね。

製氷皿や取扱説明書が入っていました。

付属の製氷皿で氷を作ることができるみたいですよ。

冷蔵庫を起動する前に、なかのテープも剥がしましょう。

扉の上には卵を置くスペースが設けられていますね。

下の方は、ペットボトルやドレッシングを置くのに適しています。

温度調節器も備え付けられています。

温度調節器は、ダイヤル式で6段階の温度を設定することができます。

準備が出来たら、本体裏の電源をコンセントに差し込みます。

コンセントに差し込めば、すぐに冷蔵庫が起動します。

少し食品を収納してみました。

冷蔵庫を起動すると、こんな感じで開けたときにライトが点灯するようになります。

スポンサーリンク

アクア AQR-8G-S 使用した感想

しっかりと冷える

小型でお手頃価格だと、しっかりと冷却されるのか心配になりますが、十分なくらい冷えます。

この冷蔵庫は、冷蔵のレベルを調整することができるのですが、標準でも全く不満がありません。

標準からさらに冷やすこともできるので、故障しない限りは中身が冷えない心配はいらないと思います。

設置場所の変更が簡単にできる

この冷蔵庫の重量は約19kgなので、1人で持ち運びすることも可能です。

カーペットの上なら、押して移動させることもできます。

冷蔵庫にしてはサイズも大きくないので、気楽に設置場所を変更できます。

運転音(起動音)について

静音化設計を重視している製品のようですが、運転音が全くしないということはありません。

ただ、音の大きさは常に一定というわけではなく、「少し気になる」ときから「全く音がしない」ときなど幅があります。

運転音は「ブゥゥゥゥゥゥン」とか「ジーーーーー」いう音がします。

そういった音は、冷蔵庫を開けた直後にする印象があります。

寝室に設置する場合、就寝時にちょっと気になることもあるかもしれないですが、大きな音は一時的なので許容できる範囲だと思います。

エアコンの起動音が許容できるなら、問題ないと考えていいと思います。

大きなペットボトルは1本しか立てられない

大きなペットボトル(2Lまたは1.5L)を立てるスペースは、1本分しかありません。

なので、大きなペットボトルを複数冷やしたい場合は、寝かせるように置かないといけなくなります。

大きなペットボトルをいくつも収納するには、ちょっとスペースが小さいように思います。