くすりのビンの中にあるビニールは捨てても大丈夫!その理由とは?

主婦

薬の瓶の中のビニールが邪魔なんだけど、捨てていいのかしら?

この記事では、このような疑問にお答えします。

記事の内容
  • 薬のビンの中にビニールが入っている理由
  • 薬のビンのビニールは捨てても大丈夫?

薬の入ったビンを開けると、たいてい薬の上にビニールが乗るような形で入っています。

このビニールって、地味に邪魔だったりするんですよね。

薬を取り出すときに取らないといけないし、ビニールに絡んで薬が落ちてしまうこともあります。

実は、このビニールはとっとと取り外して、捨ててしまっても大丈夫なんですよ。

この記事では、その理由などを解説していきます。

スポンサーリンク

薬のビンの中にビニールが入っている理由

なぜ薬のビンにビニールが入っているのでしょうか?

薬のビンにビニールが入っている理由は、輸送中に薬(錠剤)が破損するのを防止するためです。

ビンの中にクッションとなるものがないと、薬がシャカシャカとぶつかり合って割れてしまう可能性があります。

ビンの中にビニールを入れることで、薬がビンの中で動かないようにしているんですね。

薬のビンのビニールは取ったほうがいい


薬のビンのビニールは、開封後に取り外してしまって大丈夫です。

市販されている薬の添付文書(説明文)には、たいてい以下のようなことが書かれています。

ビンの中の詰め物は輸送中の錠剤破損防止用ですので、開封後は捨ててください。

付け加えると、ビンの中にビニールを戻すべきではありません

理由としては、ビニールは湿気がつきやすいため、ビンの中に出し入れを繰り返していると、ビンの中に湿気が溜まりやすくなってしまうからです。

スポンサーリンク

薬ケースがあると外出するとき便利

外出時に薬を飲まないといけないとき、薬ケース(サプリメントケース)があると非常に便利です。

ひとつのケースが【朝・昼・夜】と仕切られているので、出歩いている時間が長時間にも対応しています。

もちろん、自宅用としても使えます。

事前に薬を入れる手間はかかりますが、ケースに入れてしまえば毎回薬を数えたりしないで済みます。

こちらはケースではありませんが、自宅にお薬カレンダーも便利です。

created by Rinker
ビーグラッドストア
¥1,406 (2021/04/19 04:55:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

この記事のまとめです。

  • 薬の瓶にビニールが入っているのは破損防止のため
  • 薬の瓶のビニールは捨てても問題ない
  • 薬の瓶のビニールを出し入れすると湿気が溜まりやすくなる

薬のビンのビニールは、輸送中の薬の破損を防ぐためなので捨ててしまって大丈夫です。

むしろ、ビニールを出し入れしていると、ビンに湿気が溜まりやすくなるので、ビニールは捨てたほうがいいです。